中高生川柳コンテスト

東京キリスト教大学(TCU)ではいくつかの面白い取り組みがなされています。そのひとつが「全国中高生クリスチャン川柳コンテスト」です。僕もTCUでレッスンをさせていただいている関係もあり選者のひとりになっています。正直現代の中高生と川柳ってかなり距離があるように思うのですが、毎回かなりの応募があって驚きます。

今年受賞した川柳です。

最優秀賞

説教中 聖書落として 目が覚める
ペンネーム:いももち/飯能市立原市場中学校 中学3年生

優秀賞

通読は レビ記の壁が 高すぎる
ペンネーム:夏野いちご/光の子どもインターナショナルクリスチャンスクール 高校2年生

優秀賞

鳴らないで 黙想中の 腹の虫
ペンネーム:もも/清心女子高等学校2年生
(いのちのことば社賞:『10代から始めるキリスト教教理』)

佳作

高校生 試験の朝だけ 祈り出す
ペンネーム:コーラス/光塩女子学院中等科1年生
(hi-b.a.賞:『新それってどうなの?Q&A高校生クリスチャンライフ編』)

祈る時 親にバレない 時間帯
ペンネーム:せほくん/グッドサマリタンチャーチスクール中学3年生

讃美歌で 歌い始めの フライング
ペンネーム:ささ/桜美林高等学校1年生

髪命 今では私 神命
ペンネーム:りりてん/清心女子高等学校2年生
(キリスト新聞社賞:『キリスト教のリアル』)

マスクでも 賛美ささげる 心から
ペンネーム:ピーチカ/真岡女子高校3年生
(岩渕まこと賞:エッセイ『気分は各駅停車』)

いかがでしょうか。

これを見た妻が「神学教育がメインの大学で『聖書落として目が覚める』が最優秀なんてなかなか懐の広い大学だなあ・・・」と言っていました。笑

最終的には数人の審査員によって選考がされるのですが、審査後の雑談の中でSNSの話題になり、より中高生に届けるためにはインスタかTikTokに流さないとダメですよねえ・・・、という意見が出ました。僕が「特別賞にCDはどうですかね」と提案すると「中高生はCDプレーヤーを持っていないのでは・・・」という意見も。たしかにたしかにです。そういう自分もCDプレーヤーで聴くということはほとんどありません。ダウンロードが主流の今、中高生はCDプレーヤーを持っていないことに大納得しました。

そんな中高生の川柳ですからね。さらに興味深いですよね。

ーーーーーーーーーーーーーー
アリシアの森へはこちらからどうぞ。